令和3年度の雇用保険料率は今年度から据え置きになります

厚生労働省の労政審職業安定分科会は、令和3年度の雇用保険料率を前年度から据え置きすることをおおむね妥当と認めたことを発表しました。

直近の雇用保険財政はコロナ禍における失業者増、雇用調整助成金の支出増加などの影響を受けて極めて厳しい状況になっています。

令和3年度予算案ベースの積立金は1,722億円で、令和元年度決算額である4.5兆円から大きく目減りしています。

また、雇用保険二事業の雇用安定資金の残高はすでに枯渇しており、雇用保険の積立金から1.3兆円借り入れしている状態です。