長期失業者が18万人増加へ

総務省の発表によると、仕事を探しているのに1年以上見つからない長期失業者が今年の7~9月期は66万人で、前年同期より18万人増えたことが分かりました。

この数字は4~6月期の72万人よりは減っているものの、例年4~6月期は3月期末の雇い止めなどで失業が増えやすい要因があるために、コロナ禍で失業が長引いている傾向が見られます。

7~9月期の長期失業者が完全失業者全体に占める割合は34.6%で、コロナの感染が広まってから最も高くなりました。

10月には緊急事態宣言が解除さ、事業活動を再開する動きが強くなっていますが、売上げが伸びない企業が新たな従業員の雇用を控えていることもあり、専門家からは「コロナ禍以前のように人手不足が加速するのは来春以降になるのではないか」という意見も聞かれます。