20歳前障害基礎年金の請求手続きが一部緩和されました

厚生労働省は、20歳前に初診日がある障害基礎年金の請求手続きについて、初診日を確認できない場合の取扱いを一部緩和したことを発表しました。
障害年金は「初診日」(障害の原因となった病気やケガについて、初めて医師の診察を受けた日)から1年6か月経った日、または症状が固定した日を「障害認定日」としています。
ただし、初診日が20歳前である場合、20歳になった日が障害認定日(20歳になった日が初診日から1年6か月経っていない場合は1年6か月経った日)となります。
新しい規定では、2番目以降の医療機関の受診日から障害認定日が20歳前であることを確認でき、かつその受診日前に厚生年金・共済組合の加入期間がない場合には、初診日の医師の証明がなくても20歳前の期間で請求者が申し立てた日を初診日として認めることになりました。
また、20歳前の障害基礎年金を受給するためには所得要件がありますが、障害基礎年金をさかのぼって請求する場合の所得証明の取扱についても、時効により年金を受給できない期間は、所得証明書を添付する代わりに所得状況に関する本人の申立書を請求書に添付することも認められることになりました。