マイナンバーで1口座ひもづけ義務化を検討

高市早苗総務相は、マイナンバーと個人の預貯金口座をひもづけるため、1人1口座の国への登録義務化を検討する考えを明らかにしました。

マイナンバーと口座のひもづけをめぐっては、自民・公明両党と日本維新の会が個人が任意で給付金の受取口座をあらかじめ国に登録し、それを政府がマイナンバーとともに管理できるようにする法案を今国会に提出しています。

高市氏はこの法案について「任意の登録が一部にとどまれば、結局、緊急時の給付金事務の簡素化は限定的になる」と指摘し、そのうえで「すべての国民に、行政から様々な給付を受けるために利用する一生ものの口座情報を1口座のみ、マイナンバーを付番して登録して頂く。」と述べました。さらに「できれば義務化したい。」と話し、実現した場合は、景気対策や福祉の目的での給付にも活用できると利点を強調しました。

ただ、1人1口座の登録を個人に対してどうやって義務化するのかは不明で、国民全員の口座を把握するには膨大な手間が予想されます。

また、マイナンバーと口座のひもづけされることには、自分の資産を把握されることに対して抵抗感を抱く人の反対の声も出てくると思われます。